1. 来客時のエレベーターお見送りのマナー

来客時のエレベーターお見送りのマナー



 来客時に大切なマナーとして、エレベーターのお見送りがあります。来客の方が最後に良い気分で帰ってもらう事ができれば、会社全体の印象もより良くなるでしょう。ここでは、来客時のエレベーターのお見送りマナーについて紹介したいと思います。

乗り場の前でお見送りをする場合

来訪の挨拶は乗る前に済ましておく

 来訪の挨拶は乗る前に済ましておくようにしましょう。来客の方が乗ってしまってからでは、他の利用者のエレベーターの待ち時間を長くしてしまいますし、相手に余計な仕事を増やしてしまいます。

エレベーターの扉が閉じるまで深々とお辞儀し、挨拶

 来客の方が乗るエレベーターの扉が完全に閉じるまでお辞儀をするようにしましょう。途中でやめてしまうと失礼な態度に当たります。

出口の階までエレベーターで同行する場合

乗る時は先に乗り、出る時は後に降りる

 来客時のエレベーターのマナーとして、乗る時は来客より先に乗り、降りるときは先に降りてもらうということがあります。お見送りをする場合も同様にこのマナーを守りましょう。

挨拶は玄関の中で行い、相手が見えなくなるまでお辞儀

 エレベーターを出た後に玄関口まで送る場合は、玄関の外には出ないで挨拶することがお見送りのマナーのようです。この際も、相手が見えなくなるまでお辞儀をするようにしましょう。




 ここでは、来客時のエレベーターのお見送りのマナーについて紹介していきました。きちんとしたマナーを守って、来客の方に失礼が無いように心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する