1. 営業マンが接待をして得られる効果とは

営業マンが接待をして得られる効果とは

  • 3605views
  • 0fav

 営業マンが仕事をする上で避けられないのが外部の人との関わり、つまり仕事上の顧客との関係性の構築です。


 接待には新たな契約と取るためのものと、今までの関係性を維持するためのものの2種類がありますが、どちらにせよ、接待という名称ではなくとも取引先の人との関係性を保つ行為というものは重要です。今回は、ビジネスを行う上で接待が与える効果を考えていきます。

食事とお酒が中心

 接待で一番多いのが、一緒に食事に行ったりお酒を飲みに行ったりすることです。飲みニケーションという言葉もありますが、食事を食べながらお酒を飲みながら会話すると、たとえ初対面の人でもある程度打ち解けられることが出来ます。


 営業マンの接待で一番多いのが、食事かお酒に誘うというものですが、その理由はそこにあるのです。一緒に御飯を食べ、お酒を飲みつつビジネス以外の話をすると、人間同士の関係性は自然に良くなっていくものです。コミュニケーションをとるなら、ゴルフなどではなくまずは食事に誘うところから始めましょう。

接待で得られるものは?

 接待で得られるもの、それは大きく2つ、「良い人間関係を構築する」ことと「情報を手に入れる」ということです。この2つは営業活動において非常に重要な要素でありますので、営業マンは接待をするのです。


 とはいえ、あからさまにそれを目的とする接待は相手に不快な印象を与えてしまいます。接待とはビジネスの潤滑油とも言われているので、あくまでも1人の人として向き合い、まずは良い人間関係を構築することを目指していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する