1. 失敗を繰り返す部下への対処法

失敗を繰り返す部下への対処法


 人間なので失敗しないということはあり得ませんが、中には何度も失敗してしまう部下がいます。部下が何度も失敗しないためにはどのような対処法が効果的なのでしょうか。

対策は精神論ではなく、具体策

 よく部下が失敗してしまったときに「もっと集中しろ」や「もっと気合いを入れろ」と言う人がいますが、あまり効果はありません。もちろん中には自分から改善策を見つけて取り組む部下もいるかもしれませんが、精神的な対策では効果は現れません。部下が失敗したら具体的な改善策を言う必要があります。例えば何度も寝坊して遅刻してくる場合「目覚ましを30分早くセット」という風に部下が考えなくても実行できるように伝えましょう。

多視点から原因を考える

 よく部下の中でミスをすると「うっかりして」や「不注意で」という風にあまり原因を考えずに言う人がいますが、もっと考える必要があります。たとえ入力ミスとはいえ、ミスした原因はいろいろあると思います。周りがうるさいなどの外部要因なのか落ち込んでいるなど内部要因なのかと多視点で考えましょう。そうすれば失敗も減るはずです。



 どちらにも共通することですが、もっと失敗に対して考える必要があります。なぜ失敗してどうやったら改善出来るのかを考えて次また失敗しないように活かしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する