1. 上司に対するお礼をメールする時に「取り急ぎ」という言葉を使ってはいけない理由

上司に対するお礼をメールする時に「取り急ぎ」という言葉を使ってはいけない理由


 よくビジネスの場面で使われる「取り急ぎ」という言葉。これは上司に対する感謝を表す時に使ってもいいものなのでしょうか。

「取り急ぎ=乱文失礼します」

 取り急ぎという言葉は、「さまざまな儀礼や説明を省略し、要件だけを伝える」ということを表しています。つまり、「早く連絡することを目指したため文章の確認等も行っておらず、誤字脱字があるかもしれません」と暗に言っているのです。そもそもお礼は相手に感謝の気持ちをきちんと伝えるという行為です。そのような意味から考えれば、感謝を表すメールや手紙にこの言葉を使うのは失礼なことだと言えるでしょう。また、相手に敬意がないと受け止められることもあるため、使う時は十分注意する必要があります。

目上の人、顧客には使わないのが無難

 上記にある理由から、目上の人や顧客、親しくない先輩には使わないことをおすすめします。相手によって受け取り方が異なるため、すれ違いが起こってしまうこともあるのです。

使っていいのは相手に安心感を与えたいとき

 ただ、使っていい場面もあります。それが相手に急いで連絡をすることで安心感を与えられる時です。

相手が可否の返信を待っているなら、『提起の件、お受け致します。取り急ぎ連絡まで』と即時に返信すれば相手を待たせずに済む。書類が届いた旨を連絡する場合も同様。『取り急ぎ、書類拝受の連絡をさせていただきます』と、伝えれば相手を心配させることもない。確認後には、『書類をお送りいただきありがとうございました。内容も確認させていただきました。その件については……』と後から詳しい状況を伝えれば、上級者の心遣いと言える。

出典: 【ビジネス】あなたのお仕事メールは大丈夫? 『取り急ぎまで』の正しい ...

 ビジネスの場面では、一つの言葉の意味の食い違いが大きな問題に発展することもあります。自分が何気なく使っている言葉が相手に誤解を与えないか、常に意識することが必要です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する