1. 説明が苦手な営業マンが意識するべき3つのポイント

説明が苦手な営業マンが意識するべき3つのポイント


 営業では、必ず自社の商品を説明して相手に理解してもらうことになります。今回は説明が苦手だという人に意識してほしいことをご紹介します。

○ポイントごとに相手に確認する

 説明が苦手な人は相手からの質問を恐れてしまう傾向がありますが、むしろ説明が苦手だと思っている人こそ相手からの質問を促すようにしましょう。そのためには、区切りのいいところで相手が質問できる状況を作ることが大切です。最初のポイントで理解できていないまま最後までいってしまえば、当たり前ですが最後まで理解することはできません。「ここまでの説明はよろしいでしょうか」と確認するクセをつけましょう。

○結論から話す

 説明に苦手意識を持っている人は、ダラダラと話をしてしまいがちです。しかし、相手にきちんと理解してもらうには結論から話すことが効果的です。自分が言いたいことは何かを最初に提示してからその肉付けを行っていくのです。相手もその結論を前提に話を聞いてくれるため、理解度が変わってきます。

○自分の目線で話さない

 自分の目線で話していると、必ず相手との温度差が生まれてしまいます。100%埋めることは難しいかもしれませんが、埋める努力はしましょう。自分が説明しようと思っているものについて、相手はほとんどの場合知識がないまま話を聞いています。その人に対して、自分に説明するように話し手も理解を得ることはできません。相手が知らないであろうことを先回りして解説してあげることが必要です。自分の目線ではなく相手の目線で説明を展開するようにしましょう。


 営業に苦手意識を持っている人は人に説明することに苦手意識を持っている人が多いと思います。ゼひ上記にあることを参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する