1. 飛び込み営業を成功させるために意識しておくべき2つのこと

飛び込み営業を成功させるために意識しておくべき2つのこと

 飛び込み営業というと上手くいかないというイメージを持たれがちですが、中には成功している人たちもいます。では、飛び込み営業を成功させている人たちは、どのようなを意識しているのでしょうか。

何度も同じお客さんを訪問

 21日間ルールといって三週間の間に三回以上接触がないと人は、ほとんど忘れる生き物だと言われています。つまり営業マンがたった一度訪問したからといって覚えてもらえるわけではありません。逆に言えば何度も訪れれば、覚えてもらいやすくなるというわけです。一回行ってダメだったからと言って諦めるのではなく、何度も同じお客さんにトライする気持ちが大切です。

毎回の訪問に目的を持つ

 飛び込み営業だからとりあえずただ訪問すれば良いというものではありません。飛び込み営業を成功させている人は、毎回訪問の目的を決めています。例えば「今回は名前を覚えてもらう」や「今回はお客さんの課題を聞く」など自分が達成したいことを考え、達成できるように営業しているのです。


 二つともシンプルなことかもしれませんが、これらを継続して行うのは非常に労力のいることです。今から習慣化させて飛び込み営業の成功率を上げましょう

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する