1. 部下がミスを報告しやすいと思えるような環境を作る方法

部下がミスを報告しやすいと思えるような環境を作る方法


 部下がミスを隠していてあとで重大なミスになってしまったというケースは多いのではないでしょうか。上司の役割には、ミスを早く部下から報告させるというものがあります。ここでは、部下がミスを報告しやすいような環境を作る方法を紹介したいと思います。

部下が話しやすい雰囲気を作る

 部下のミスの報告が遅れる原因として考えられるのは、上司が怖いという意識が部下にあることではないでしょうか。部下と積極的なコミュニケーションを図り、部下が気軽に上司と話すことが出来るような雰囲気を作ってあげれば、部下もミスを報告しやすくなるのではないでしょうか。

報告したことを褒め、次にやることを示す

 報告したら怒られるというのも、部下がミスを隠して報告しない原因の1つと言えるでしょう。報告してくれたことをまず褒め、次にどのような対処法でミスをカバーすればよいのかを教えるようにすれば、怒られるという意識がなくなり、部下も積極的に報告をしてくれるようになるでしょう。




 ここでは、部下がミスを報告しやすい環境の作り方について紹介しました。部下にとってミスをしたら上司に怒られるという意識が強く、それがミスの報告の妨げになっているようです。ミスの報告が遅れて困っているという上司の方は、コミュニケーションや報告に対しての対応を変えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する