1. 100%誠意が伝わる上司への謝罪の方法

100%誠意が伝わる上司への謝罪の方法


 仕事で気まずい瞬間は失敗を謝らなければならないときです。誰だってミルを認めるのは辛いでしょう。しかし、逆に言えばこれは大事な見せ場でもあります。謝罪を上手にできるかどうかで、上司があなたを見る目は大きく変わるからです。では、上手な謝罪とはどのようなものでしょうか?

謝罪はなるべく早く、直接しよう

 一番大事なことは少しでも早く、確実に謝罪することです。そもそも上司が知りたいのはあなたの弁解の言葉ではなく、失敗に対してどう対処するかです。場合によっては、上司がその責を負わなければなりません。失敗したらまずは早く、正確な報告を心がけましょう。直接会えない場合は仕方ないですが、できればメールなどより直接謝りに行ったほうがいいでしょう。文字による連絡は上司が読むまでに時間差があるし、反応を直接うかがうことができません。

失敗の原因と、これからどうするかを話す

 報告するときには、ただ「反省しています」と繰り返しても意味がありません。なぜ失敗したのか、それをどう挽回するのかを話せるようにしましょう。そして、反省点を話したうえで上司に意見をもらったら、まずはそれを受け入れるようにしましょう。ただ平謝りするだけではいけません。きちんと事実を報告して、二度と失敗しないようにするのが最大の誠意の見せ方です。



 もちろん、やる気のない謝り方はNGです。謝るときは当然、心を込めて気持ちを伝えましょう。これらの点を踏まえればきっと誠意ある謝罪ができるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する