1. 部下のモチベーションをあげるために意識するべき仕事の与え方

部下のモチベーションをあげるために意識するべき仕事の与え方


 上司という立場になると部下に仕事を与えることも業務となります。その時に部下のやる気を上げるためのポイントをご紹介します。

仕事を「振る」のではなく「与える」

 部下に仕事を「振る」という考え方ではなく「与える」という視点に切り換えるようにしましょう。仕事を振るというのは、今目の前にある作業を切り分けて、それぞれの部下にやらせつということ。しかし、それでは部下はただ作業をするだけにとどまり、仕事に対するモチベーションが下がってしまいます。


 その部下が成長するためには何が足りないのかを見極め、それぞれにあった業務を与えることが大切です。必要があれば、その部下のために業務を創造することも求められます。その部下が人をまとめるのが苦手だと思えば、次の会議の進行を任せてみるなども仕事を与えると言えるでしょう。

仕事の情報をきちんと与える

 その仕事がどういうものなのか、情報も与えられずにいて責任感を持つというのは難しいでしょう。その仕事がどのような意味を持っているのか、それを達成した時のメリットを伝えるだけでも、部下のやる気をあげることができます。また期限がはっきりしているものに関しては、きちんと伝えることも仕事への責任感につながります。このような仕事の与え方を積み重ねることで、モチベーションを維持することにつなげられるのです。


 仕事の目的が明確でないまま仕事をするのは単なる作業で終わってしまいます。そのような情報を共有しておくことが、部下に仕事を与える時に最も意識すべきことだと言えるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する