1. 新人営業マンがチェックするべきトークのポイントと練習方法

新人営業マンがチェックするべきトークのポイントと練習方法


 営業職がまず苦労するのはお客様の前で上手に話すことです。そのためには事前の練習が大切です。どのような練習をすればトーク力がつくのでしょうか?

録音して発話の確認

 まずは自分のトークを録音して聞き返してみましょう。意外なクセに気づけるかもしれません。この時に気を付けたいのは、トークの「間」と「どもり」です。文と文の間はきちんと区切っているか、聞きやすい間が取れているのかを見直してください。また、「えーと」などの口癖はないでしょうか?これもお客様からの印象を下げる要因になります。


誰かに聞いてもらって身振り手振りの確認

 自分で聞き返して欠点のない話し方ができていると思ったら、誰かに実際に話をしてみるのがいいでしょう。できれば、営業職のことを何も知らない人に話をしてみて率直な感想を聞いてみてください。この時には話し方だけでなく、目線や身振り手振りにも気を配りましょう。2つの練習を繰り返せば、話し方と見た目、両方の欠点を克服できるのです。



 いかがでしょうか?営業は失敗の連続です。失敗しても、そこから学びを得る姿勢を忘れないでください。常に前に進む姿勢があれば、きっとトーク力は付いてきます。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する