1. 上司にご馳走してもらった時のお礼を言うタイミングとは?

上司にご馳走してもらった時のお礼を言うタイミングとは?

 飲み会など上司と食事をしていてご馳走してもらった場合どのタイミングでお礼を言うのがベストでしょうか。席を立った時?、相手が支払いをしている時?それとも店を出てから?などいろいろタイミングはありますが、イマイチ分からないという人にお礼を言うべきタイミングを紹介します。

お店を出てから一言

 お会計前に「ご馳走さまでした」と言ってしまうと初めからご馳走してもらう気でいるということで失礼にあたるので、お会計をした後のお店を出てすぐ一言を言うのが良いでしょう。お会計時だと店員さんと話している場合もあるので、お互い外に出てから言うようにしましょう。

次の日の朝に一言

 前提として前日にお礼を言っていることが重要です。もちろんお店を出てからお礼を言えば上司も嫌な気はしません。しかし、次の日にまた「昨日はご馳走さまでした」と言えば嬉しいと感じない人はいません。次の日の朝一番に言えば、その日の上司の機嫌も良いものになるでしょう。


 ご馳走してもらったタイミングでお礼を言うだけでなく、翌日にも言えば上司もまた誘いたいという気になります。お礼のタイミングというのは少し細かい部分かもしれませんが、上司からの印象も変わるので実践してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する