1. 部下の業務の進み具合を管理出来るツールGoogleカレンダーとその使い方

部下の業務の進み具合を管理出来るツールGoogleカレンダーとその使い方

 部下の業務の進み具合などを気にする人は多いのではないでしょうか。常に一緒にいるわけではないので、何かツールで部下の業務などを把握できたら便利だと思います。そこでどこにいても管理出来るツールを紹介します。

Googleカレンダー

 スケジュールを共有できるツールは他にもありますが、Googleカレンダーは、クラウド型のアプリケーションなのでインストールする必要がなく無料で使うことが出来ます。上司・部下間でスケジュールをタイムリーに共有することが出来るツールです。単純にスケジュールとしても使えますが、ToDoリストとして「Googleタスク」というものがありますが、これを使って、誰が何をしているのかなど簡単に把握することも出来ます。ToDoリストには、やるべきタスクを登録します。そして登録したタスクが終了したら完了タスクに移動させます。そうすることでどの仕事が終わっていないのかなど「○○は、この仕事に時間がかかる」など部下の得意、不得意も認識することが出来ます。

 さらにiPhone, iPadなどと同期することが出来るので、外出時にも携帯一つで予定が把握出来ます。自分だけでなく、部下のスケジュール、進歩状況を確認することが出来るので、仕事が効率よくまわると思います。個人で利用している人は多くいますが、仕事にも利用してみてはいかがでしょうか。



 初めのうちは、使い慣れるのに少し苦労するかもしれませんが、慣れれば必須のツールになるはずです。管理に困っているのであれば一度利用してみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する