1. 気持ちよく仕事を引き受けてもらうために覚えておきたい上司への依頼メールの書き方

気持ちよく仕事を引き受けてもらうために覚えておきたい上司への依頼メールの書き方


 自分だけではできない仕事はたくさんあります。時には上司に手伝ってもらう必要もあるでしょう。そんな時には、どのように頼めば気持ちよく手を貸してもらえるのでしょうか?ここでは上司に依頼をするメールの書き方のポイントを解説します。

その人でなければならない理由を伝える

 まず書かなければならないのは、仕事を依頼する理由です。なぜ自分一人ではできないのか、何が分からないのかなどを明らかにしましょう。


 その時に上司の印象を良くするコツが、なぜその上司に頼んだのかを書くことです。「他の人ではなくあなたに手伝ってもらいたい」という気持ちを伝えれば、上司はあなたに信頼されていると思ってくれるでしょう。

「~してください」ではなく、「~していただければ幸いです」

 依頼メールを書くときには偉そうな文体になっていないか注意しましょう。メールの文面はどうしても固くなりがちです。正しい敬語を使っていても、表現によっては図々しく見えてしまいます。特に上司への依頼メールの場合は「命令」でなく「お願いしている」ように見えるようにしましょう。


 「~してください」だと少し偉そうに見えてしまいます。文頭に「可能なら」とつけたり、文末を「~していただければ幸いです」にすると無理強いしていないように見えるので効果的です。



 いかがでしょうか?どんな場合でも、こちらは「やってもらう」立場であることを忘れないようにしましょう。丁寧なメールを送れば、上司も気分良く仕事を引き受けてくれるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する