1. プレゼンが上手い人の3つの特徴

プレゼンが上手い人の3つの特徴

 世の中には、プレゼンが上手い人として有名な人がいますが、プレゼンを上手く見せている彼らの特徴は何なのでしょうか。その特徴を3つ紹介します。

1. 最初の10分で聞き手の心をつかむ

 プレゼンが上手いと言われる人は、始めから終わりまで全て完璧なわけではありません。途中で少し飽きられそうな内容があったとしても最初の10分で聞き手の心をしっかりつかんでいます。逆にどんなに後半に良い内容を持ってきても最初の10分で聞き手の心をつかめないと聞く姿勢でいてくれません。

2. 聞き手を参加させる

 プレゼンは聞き手がしっかり聞いてくれていないと効果がありません。プレゼンというとプレゼンターが基本的に話をしていて聞き手は、聞くのみというイメージがありますが、それでは聞き手も飽きてしまいます。なので聞き手も含めて全員参加させて自分のプレゼンに集中させるという意味で質問を投げかけるなどは非常に効果的です。

3. 最後を効果的に締める

 最後を締めるというのは、プレゼンが上手くいったという事とあまり関係がないように思えますが、最後の締めによって聞き手の印象は大きく変わります。プレゼンが上手い人というのは、内容が終わるまでではなく、最後まで神経を使っています。


 プレゼンは内容を上手く伝えることももちろん大事ですが、聞き手をしっかり聞く姿勢にさせ良い印象を与えることも非常に大切です。プレゼンが上手いと言われている人たちの動画を見て以上の3つを意識して見てはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する