1. プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」 1番目の画像

 プレゼンにおける「ベストなスピードの話し方」はどれくらいなのだろうか。プレゼンやスピーチは大抵、発表時間が決まっている。そのため、1分当たりの話す量が分かれば大体の原稿の長さを把握することができる。ここではプレゼンにおける話すスピードや文字数、話し方について解説する。

プレゼンスピーチは「適切な話量」を意識する

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」 2番目の画像

プレゼンスピーチの話量は「1分間に300文字」がベスト

 プレゼンなど、聞き手が理解しやすい話のペースは「1分間に300文字」が適切だといわれている。

 話すことのプロであるアナウンサーも、1分間で話す文字数は350文字程度であるため、適切な文字数設定であるといえるだろう。

  プレゼンスピーチをすることになった際は、この「1分間に300文字」というペースをもとに原稿を考えることを心がけよう。

 もしプレゼンスピーチの時間が5分間であれば、原稿は1500文字前後にまとまるように内容を考えるといい。

プレゼンスピーチは「聞き手が理解しやすい構成」が重要

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」 3番目の画像

プレゼンスピーチの構成は「2分で1区切り」を意識する

 プレゼンスピーチのスピードが適切であったとしても、同じことばかり話していてはプレゼンを聞いている相手を退屈させてしまうだろう。

 そこで意識したいのが「1区切2分間」というプレゼンスピーチの基準だ。

 こちらお、先程のアナウンサーの例のように、テレビやラジオ番組で使われている手法である。

 2分という一定のスパンで内容を一区切りさせることで、聞き手を飽きさせることなく話ができるというメリットがある。

 原稿を考えるときには「2分毎の内容のブロック」を意識し作成するといいだろう。

プレゼンスピーチは「一文の長さ」を意識する

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」 4番目の画像

プレゼンスピーチにおける適切な一文の長さは「45文字」

 また、一文の長さは多くても45文字程度とすることを心がけよう。

 一文が長すぎると内容が頭に入ってこなくなり、プレゼンがしっかりと聞き手に響かなくなってしまうからだ。

 そのため、しゃべりがメインのプレゼンやスピーチでは、とくに「一文の長さ」を意識することを忘れないようにしよう。


プレゼンスピーチはスピードを保つテクニックを押さえるべし

プレゼンでベストな文字数は1分間に○○文字! プレゼンで気を付けたい「文字数」と「話し方」 5番目の画像

プレゼンスピーチは「早口」に注意する

 人前に立つ「プレゼン」という場は、人によっては緊張してしまうこともあるだろう。

 緊張していると早口になってしまい、適切な区切りやスピード感でプレゼンすることができなくなってしまう。

 ただ、緊張は人によって個人差があるため、改善策はまちまちだ。そのため、緊張してしまう可能性があるという人は、「いつもよりゆっくり話す」ということを意識してプレゼンすることを心がけよう。

 また、句読点を意識して話すというのもプレゼンにおける一つのテクニックだ。

 句読点を意識してプレゼンすることで息継ぎのタイミングが分かり、結果的に適切な文字数でプレゼンを行うことができるようになるのだ。


 本記事で紹介したように、プレゼンはスピーチ内容だけでなく、話すスピードや構成も重要になる。上記で紹介した「ゆっくりと話す」「句読点を意識する」というテクニックを駆使し、聞き手に響くプレゼンを行おう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する