1. 営業マンがスーツを着る際のマナー

営業マンがスーツを着る際のマナー

 営業マンは、人と接することが多い仕事なので身だしなみにも気をつけなければなりません。今ではビジネスシーンでもカジュアルな場面でもスーツを着る機会が多くあります。スーツが多様化されている中営業マンはどのようなマナーに気をつけてスーツを着れば良いのでしょうか。

フロントボタンの留め方

 フロントボタンには、「実用」と「アクセント」という2つの役割があります。シングルスーツの場合フロントボタンは、一つ掛けが正解です。ボタンがいくつあろうと一番下のボタンは留めません。ボタンは、デザイン的な装飾と留めることによりウエスト周りをすっきり見せ、脚を長く見せる効果があります。ボタンを全て留めてしまうとスーツの顔が台無しになってしまいます。

ボタンを留めるとき、外すとき

 スーツは基本的に立ち姿を前提に作られています。

・立っている時:フロントボタンの留め方にならって基本的にボタンを留める
・座っている時:座るときは外します。座ったまま留めているとシワが出来、シ        ルエットが崩れてしまいます。
・ベストを着た時:ベストもスーツ同様一番下のボタンをアクセントとして外し         ておきます。

ポケットの使い方

 胸ポケットには、チーフもしくはペンくらいで腰ポケットには、ジャケット形を崩しやすいので、なるべく何も入れないようにしましょう。


 特に新規のお客さんである場合身だしなみというのはとても重要なポイントです。このようなマナーを守れていないとだらしなく感じてしまうかもしれません。日頃から意識してデキる営業マンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する