1. 営業マンが気を付けたい、心のこもったはがきの挨拶を送る方法

営業マンが気を付けたい、心のこもったはがきの挨拶を送る方法


ワープロではなく、手書きにする

 営業マンがはがきを出すときは、感謝の気持ちを込めて 書く事が大切です。全員に一斉に発送するようなはがきでは、なかなか相手の心には響かないものです。ワープロで キレイに印刷をしてもインパクトのないはがきというのは、受け取る人にとってはつまらないものです。最近ではソフトを利用してはがきを出す人も多くいます。宛名書きもきれいですし、文章も定型文があるので簡単に 多くの人に出すことができますが、味気ないものです。 字が汚いからと嫌がる人もいますが、長く書く必要もないのです。定型分に一文添えるだけでもいいのです。要はその文章に気持ちを込めて書くことです。そうして差し出したはがきはきっとお客様と良好な関係を築くことができるはずです。

デザインのあるはがきを選ぶ

 デザインで悩む人も多いようですが、基本的にはどれでなければいけないというものはありませんが、受け取る人を考えて選ぶ必要があります。思わず飾ってしまいたくなるカードならきっと大切に保管してくれるはずですので、はがき 選びは慎重に行う必要があります。先程も話ましたが、文字に自信のない人はデザインがあるものを選ぶと良いでしょう。 書くスペースも少なくなりますので、文字数が少なくても違和感もありません。

会ってすぐ、もしくは季節の挨拶として送る

 はがきを出すタイミングも大切です。出会ってから出すのであれば、早目がいいですね。そのタイミングを逃したなら、季節の挨拶に出すのもいいはずです。はがきの文例に悩む人もいるはずですが、最近ではソフトなどに文例は盛り込まれているので、それを利用するのが無難 です。文例が気に入らなければ修正することも簡単ですので、まずはどのような文例があるのかを確認することです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する