1. 【上司必見】部下に自分の言っていることをしっかり伝える注意の方法とは?

【上司必見】部下に自分の言っていることをしっかり伝える注意の方法とは?

 部下に対して注意をする際に困っている人は多いと思います。自分は注意したつもりでも全く伝わっておらず部下がなにも改善しない場合があります。そうなってしまうと自分の仕事も出来ませんし、部下に注意したことも改善していないので全く仕事がはかどりません。では、どう注意したら部下もしっかり改善点を認識できるのでしょうか。

やってみせる

 一番分かりやすい方法です。正しいやり方を説明するだけでは、部下も忘れてしまう場合があります。それに説明だとイメージするのが難しいので実際にやってあげて手本を見せるというのが部下にとって非常に分かり易くすぐ改善点を理解することが出来ます。ただ常にやってみせているとあまり効率的でないので説明などとバランスを取ってやると良いでしょう。

部下に教えてもらう

 指導と部下の理解は一致しないことがよくあります。どんなに教えたつもりでも部下が理解していないと意味がありません。部下からの質問がない場合理解したと思ってしまいますが、そんなことはありません。そうならないために自分が指導した内容を部下に説明してもらうという方法があります。たとえば「今教えたことを5分で説明してみて」と言えば、部下もどこが理解していないかよく分かります。それに後で説明すると分かっていれば部下の聞く姿勢も変わるのではないでしょうか。


 部下はあなたと同じ人物ではありませんから100%理解するというのは非常に難しいです。なのでまずは部下と同じ目線で立ってあげてお互い理解を深めるというのが理想的です。

 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する