1. 異動する上司からの挨拶状への正しい返事の仕方

異動する上司からの挨拶状への正しい返事の仕方


 上司が異動するときに送られてくる挨拶状。これにはどのような返事をしたらいいのでしょうか?お世話になった上司とは最後までいい関係を保ちたいですね。ここでは異動の挨拶状に対する返事で書くべきことを紹介します。

お礼状に書くこと

1、挨拶状を送ってくれたことへのお礼

 まず書くべきことは、挨拶状を受け取ったこととそれに対するお礼です。「異動のご挨拶ありがとうございます」など、簡潔で構わないので必ず明記しましょう。

2、これまでのお世話に対するお礼

 次に、今まで上司にお世話になったことへのお礼を書きます。具体的なエピソードや、それによって自分がどのように成長したかも書けば、より感謝の気持ちが伝わるでしょう。

3、上司のこれからに対する激励の言葉

「新天地でもご健康でおられますようお祈りいたしております」や「ますますのご活躍をお祈り申し上げます」などが定番の表現でしょう。また、期待しています」という言葉は、部下から上司に贈る言葉ではないので気をつけましょう。

返事は一週間以内に

 挨拶状への返事は、最低でも一週間以内にしましょう。向こうも忙しい時期です。迷惑にならないよう早めの返信がマナーです。



 いかがでしょうか。丁寧なお礼状で、気持ちよく上司を送り出してあげましょう。



U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する