1. 部下がミスをしてしまった時の上手な注意の仕方

部下がミスをしてしまった時の上手な注意の仕方

 「部下がミスをしても注意しなくていい」というわけのもなかなかいかないでしょう。優柔不断な上司というのも部下からすると困るものです。普段なにも注意されずに、ある日いきなり会社から「部署移動を命ずる」なんて言われる事になったら、本人にとってみたらたまったものではないでしょう。上手く部下を育てて、会社の戦力とすること、それがつまりあなたの功績になりますし、会社の売り上げ増に直結します。その意味でも注意の仕方は大事です。ここでは、部下がミスをしてしまったときの注意の仕方を紹介します。

マンツーマンで注意をする

 まず注意をするのはマンツーマンがいいでしょう。同じ部署などのみんながいる所で注意されたり叱責されるのは、本当に精神的に屈辱的な事です。聞いている部署の人からしたら大した問題でなくても本人にとっては大問題です。恥をかかされたという感情が蓄積されて大いにモチベーションを下げるでしょう。従って注意する場合は会議室などでマンツーマンで行うべきです。

感情に任せて怒鳴らないようにする

 感情に任せて怒鳴ったり荒っぽい口調ではいけません。ただ怒鳴られても、なにをどうしたらいいのかさっぱり分からないなんて事にもなりかねないからです。なにがどう問題でどうしたらいいのかをきちんと管理職として筋道を立てた上で相手に改善をするようにうながすべきです。そうする事で注意された側は、「ああ自分の事を考えてくれているんだが、次まではここを直そう」と具体的な目標を持つ事ができるわけです。

注意と褒める時のメリハリをつける

 部下がなんらかの手柄をたてた場合は、みんなの前で褒めます。そうする事でより一層あなたの部下は業務に励む事でしょう。こういった基本的な事が出来ていない会社は実は多いのかも知れません。しかし大成するような会社やリーダーはこうした事に気を配っています。なぜなら会社は一人では回りませんし、会社を構成しているのは人だからです。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する