1. マネージャー職の人が読んでおくべき部下のマネジメント・育成方法が学べる3冊の本

マネージャー職の人が読んでおくべき部下のマネジメント・育成方法が学べる3冊の本


 部下をマネジメントする立場になると、色々分からないことや困ったことや悩みがあることでしょう。そういった悩みを解決する上で「本」は非常に大切になります。では、部下をマネジメントする上で役立つ本を紹介をしていきたいと思います。

ひとりでも部下のいる人のための世界

 最初に紹介するのが、「ひとりでも部下のいる人のための世界 - シンプルなマネジメント術 3分間コーチ」という本です。こちらの本は、いつ、どんな場面で、 どういったマネジメント方法をすれば良いのかが分かります。


 部下をどのようにマネジメントをしていけば良いのかが分からないという人は、まずこちらの本を読んでみると良いかもしれません。

部下を育てて自分も育つ5つのマネジメント・プロセス

 こちらの本は、ただ単に部下をマネジメント・育成するのではなく、経営視点を持ったリーダーにしていくための本となっています。また、マネジメントのプロセスが5つに分解されているため、内容も理解しやすいことでしょう。


 優秀な部下を育てたいと考えているマネージャーは、一度読んでおくことをオススメします。

社長は少しバカがいい。

 最後に紹介する本は「社長は少しバカがいい。~乱世を生き抜くリーダーの鉄則」という本です。この本は、エステーの会長を務める鈴木喬氏の実体験に基づく内容となっています。具体的なマネジメント方法が載っているというわけではないのですが、人の上に立つ者としてどのような立ち居振る舞いをすべきか、どのような姿勢で仕事に打ち込むべきかが分かるため、マネージャー職の人は読んでおくと良いでしょう。


 以上、部下のマネジメント方法を学べる本を紹介してきました。部下のマネジメント・育成に悩みはつきものですので、そういった時はここで紹介した本を読んでみて下さい。


U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する