1. 部下に任せた仕事のクオリティを上手に管理する方法

部下に任せた仕事のクオリティを上手に管理する方法


 部下ができると、これまで自分がやってきていた仕事を徐々に任せていくようになるでしょう。ですが、部下に任せたからといって自分が求めているクオリティのものが上がってくることを期待してはいけません。


 途中で進むべき方向性を間違えてしまったりし、余計に時間がかかってしまうこともあるため、任せた仕事に関してはしっかり管理しておく必要があります。では、どのようにして部下に任せた仕事を管理すれば良いのでしょうか。

定期的に報告させる時間を設ける

 部下の仕事を管理する方法として挙げられるのが、報告の時間を設けることでしょう。任せきりにするのではなく、適宜任せた仕事の現状などを報告させるようにすれば、クオリティの管理も行いやすくなることと思います。


 ただ、2日〜3日ごとに行うのではなく、5分〜10分程度で良いので毎日報告させるようにしておくと良いでしょう。そうすれば、間違った方向に進んでしまうという事態も起きにくくなると思います。

イエス・バット方式でフィードバックを行う

 自分の想定していたスピードで仕事をしていなかったり、求めているクオリティとはかけ離れたものが挙がってくると思いますが、そういった状況で部下を叱っているだけでは、部下の心も離れていってしまい、任せた仕事を放棄してしまう可能性もあります。


 ただ叱るのではなく、良い点は褒め、悪い点に関してはしっかり言う「イエス・バット方式」でフィードバックを行うようにしましょう。そうすれば、部下に任せた仕事も上手く管理できるようになるのではないでしょうか。



 以上、部下に任せた仕事を管理する方法を紹介してきました。部下に色々なことを求めるのではなく、部下が自分の思った通りの仕事をするために工夫するべき所はしっかり工夫するようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する