1. 部下との面談を良いものにするための用意しておくべき3つの質問

部下との面談を良いものにするための用意しておくべき3つの質問


 上司として、部下との面談は両者の関係と仕事効率を良くするのに重要なものとなってきます。そんなときに、一体どのような質問をすることが効果的なのでしょうか。今回はその例を紹介していきたいと思います。

良い協働関係を築く質問

①「〜はどんな調子なの」

 単純に、仕事の結果を聞くのではなく、調子という単語を使うことによってプレッシャーを与えないよう工夫してみてください。この工夫によって部下は安心して結果報告をすることができます。

②「このやり方についてどう思う?」

 上司側から相談するような形をとることにより、信頼されているんだという意識を部下に持たせることができます。

モチベーションを上げる質問

③「将来的にどういった仕事を担当してみたいの?」

 夢や目標について質問することで、部下の本音を聞き出すことができます。上手くいけば仕事の与える際に考慮する材料にもなるので是非聞いておきたいところです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する