1. 部下を育てるために気をつけたい注意の仕方

部下を育てるために気をつけたい注意の仕方

  • 2629views
  • 0fav

 セクハラやパワハラなどの言葉が広がるようになってきてから、上司が部下を注意する際には十分気をつけなくてはいけなくなってきました。とはいえミスをした部下に対しては的確に注意をしなければいけないし、注意することによって部下を育成しなくてはいけません。


 部下を育てるために、部下のミスを的確に注意するためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

部下の反発を招く注意はしない

 仕事上のミスで部下を注意する時は、部下の反発を招くような理不尽な理由で注意してはいけません。どうしてこれが悪いのかということを、しっかり説明した上で注意する必要があります。

 また、一番気をつけなければいけないのが注意するときの口調です。気持ちが入るとつい語気が強めになってしまいますがそこは一度飲み込んで、相手に理解させようとするような包み込むイメージの口調で話してあげます。頭ごなしにちゅういするようなこともしてはいけません。それらに気をつければきっと、耳を傾け話を聞いてくれるはずです。

上手な注意は声で決まる

とはいえ、優しい口調ばかりでは相手も反省せずに繰り返してしまう恐れがあります。そうならないためには、場面によって声の質を変えることをおすすめします。

 ミスの原因を尋ねる際はやや強めの口調で、今後どうしていくか改善策を尋ねる際は優し目の口調で、最後の実行を約束する際は強めの口調で話していくことが、上手に注意をする時の方法です。

 人によって注意する方法は臨機応変に変えていくべきですが、はじめはそうもいかないでしょう。以上のテクニックを上手く使い分けて注意をするようにすれば、部下もミスを繰り返さずに成長していくはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する