1. 訪問営業をうまく行うためのコツ

訪問営業をうまく行うためのコツ


 訪問営業をしているが、なかなか契約がとれない、商品の販売に結びつかないという悩みを抱えている営業マンの方は多いのではないでしょうか。ここでは、訪問営業のコツを紹介していきたいと思います。コツを押さえて訪問営業を成功させるようにしましょう。

ドアを開けてもらうテクニックを活用する

 訪問営業の関門の1つとして、インターホンを鳴らしても応答がないですとか、インターホン越しに断られてしまうというものがあります。このような関門はトーク術を利用して乗り切るようにしましょう。

用件を手短に伝える

 訪問営業の一般的なイメージとして、しつこいというイメージがあると思います。それをあえて利用し、簡潔にあっさりと話をまとめてあげることで、相手に訪問営業であるという意識を取り除いてもらうという方法が挙げられます。ドアを開けてもらうためには、訪問営業らしさを限りなく薄くする必要があるのかもしれません。

最初の訪問ではアポをとることを考える

 最初の訪問では、次に訪れるアポをとることを優先的に考えましょう。売りたいという意識が全面に出ていると、訪問相手もなかなか商品を購入したいですとか契約したいとは思わないでしょう。最初は商品について軽く説明をする程度にとどめておき、アポを取ってじっくりと時間をかけることが成功に結びつきます。




 ここでは、訪問営業のコツについて説明していきました。訪問営業で大切なのは、営業マンらしさというものを排除し、商品を売りに来たという意識を相手になるべく見せないということなのではないでしょうか。ここで紹介した内容をふまえ、訪問営業を契約や商品の販売に結びつけるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する