1. 印象を損なわないためのスーツと腕時計の合わせ方のマナー

印象を損なわないためのスーツと腕時計の合わせ方のマナー


 ビジネスマンとしてのファッションは見栄えだけでなく、マナーとしての意味も含んできます。その際に、気をつけておきたい点としてスーツと装飾品の相性です。今回はその代表としてスーツと腕時計の相性とそのマナーについて書いていこうと思います。

マナーとしての腕時計とは

 最近では、腕時計ではなくスマートフォンなどで時間をチェックしている人が増えていると思います。しかし、そんな中でもほとんどのビジネスマンが腕時計をつけています。それは一体なぜでしょうか。その主な理由として、見栄えというのが大きいと思います。仕事上の取引などではその人の人柄を服装や装飾品などをチェックする人もいます。そこで腕時計をつけていないと、全体的に物足りない、安っぽい印象を与えてしまう結果になりかねません。その意味でも、単純に時計としての価値だけではなくファッションという意識で腕時計は必需品でしょう。

安定するのは黒かステンレス(シルバー)

 時計選びに迷ったらまずは黒かステンレス製のものを探してみましょう。ブランドなどから探す人も多いですが予算の問題などを考えると人によってバラバラになってしまうのと、時計だけが目立ち過ぎてしまう可能性があります。自分の印象を損なわないことを重視するのであればやはりスーツに合う色で勝負するべきだと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する