1. 観衆の心に刺さるプレゼンをするために、テーマを選ぶ時に大切にしたい2つのこと

観衆の心に刺さるプレゼンをするために、テーマを選ぶ時に大切にしたい2つのこと

  • 2967views
  • 0fav

  TEDに代表されるプレゼンテーションですが、人に自分の考えや想いを聞いてもらうようにするためには、聴いている人の心に刺さるようなテーマである必要があります。


  ただなんとなく選んだテーマでプレゼンをするのは効果的ではありません。 ここでは、プレゼンのテーマを選ぶときに大切にしたいポイントを2つ紹介します。

人を模倣する

 テーマを選ぶ時にまず大切なのは「上手な人のマネをする」ということです。真似をするということは悪いように思われますが、決して悪いことではありません。マネをするというのは、自分のセンスを磨くために必要なプロセスなのです。


 自分が気に入った、もしくは一般的に人気のあるプレゼンテーターははどんな内容のプレゼンをしていたのか、どんなテーマを扱っていてどのように話を展開していたのかということを自分問い詰めて調べていくうちに、刺さるテーマというものがわかってきます。

常識を破壊する

 観衆の興味を引くためにテーマの例として、常識を破壊するような意見を組み立て発表することです。通例通りのことを言ったところで、何の面白みも無く味気ないプレゼンに終わってしまいます。


 TEDがいい例ですが、今まで人が考えつかなかったような新規性のある事実をテーマとしてとりあげ、それに関する自分の考えを述べるだけでも与える印象は全く違ってきます。


 プレゼンの柱となるのがこのテーマ選びなので、慎重にかつ大胆に吟味し、観衆の心を揺さぶるようなプレゼンをしてみて下さい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する