1. 初心者でも簡単にできるプレゼンの作り方のコツとは

初心者でも簡単にできるプレゼンの作り方のコツとは


 プレゼンはいかに人の興味を引くか、惹きつける魅力があるかが重要になってきます。そういったプレゼンはどのように作成方法を用いられているのでしょうか。今回は、初心者でも簡単にできるプレゼンの作り方とコツについて書いていきたいと思います。

まずは目次を作る

 わかりやすいプレゼンを作るためにはその整合性を失わないように気をつける必要があります。整合性を維持するために、まずは目次を作りましょう。目次を最初に作ることにより、骨組みをイメージしやすくなり作業効率も上がります。後から修正することはいくらでもできるので、まずは目的に沿って目次作りから始めてみましょう。

白紙からではなくプレゼン資料から作る

 プレゼン初心者にとって白紙から資料を作るのはなかなか難しいと思います。ネットで調べたものなどを参考にしつつ作るのはいいかもしれませんが、もっと簡単な方法があります。その方法とは、資料のデータを誰かから貰い、それを編集するような形で作業を進めていくという手段です。どのようなレイアウト、骨組みで作られているか、などが具体的に頭に入ってくるので初心者でも簡単に資料を作ることができます。気をつけるべきなのは、最終的には元の資料と完全に別のものを作る必要があるというところです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する