1. 部下の失敗に対する正しい上司の謝罪の仕方

部下の失敗に対する正しい上司の謝罪の仕方



 上司であれば、部下の失敗に対して謝罪しに行かなければならないという機会が訪れることもあるでしょう。部下の失敗に対しての判断をするのは上司の責任ですので、誠意を持った謝罪をする必要があります。ここでは、部下の失敗を上司が謝罪するときの正しい方法について紹介したいと思います。

部下の失敗と同時に監督責任についても謝罪する

 部下の失敗を謝罪することはもちろん必要なことではありますが、上司という立場から謝罪する場合は、部下に対してのフォローやアドバイスがしっかりとできていなかったという、監督責任についても謝罪する必要があるでしょう。こうした謝罪の方法は、迷惑をかけてしまった相手に誠意を見せるだけではなく、部下からの信頼も得ることが出来るという効果があります。

個人として謝るだけではなく、会社として謝罪

 部下の失敗は同時に会社全体の失敗でもあります。会社としてのフォローを謝罪相手は求めているはずですので、会社の立場からの謝罪をするというのも有効な謝罪方法と言えるでしょう。




 ここでは、部下の失敗に対して、上司がとりたい謝罪方法について紹介しました。上司の立場や、会社の立場としての謝罪を同時にすることで、謝罪する相手も納得してもらえるのではないでしょうか。ここで紹介した謝罪の方法を身につけることで、部下の失敗を謝罪できる上司になりましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する