1. 営業マンが是非覚えておくべき失敗しない会話例

営業マンが是非覚えておくべき失敗しない会話例


 臨機応変な話術も必要ですが、営業マンにとってある程度型にはまった会話を覚えておくことも同じように重要です。今回は営業を成功させるために是非覚えておきたい会話例を紹介していきたいと思います。

質問を続けることで会話を繋ぐ

そうですよね。
特に調子が悪いと言うので無ければ、
今のままで十分使えますよね。
ところで、コピー機にも色々使い方があるんですが
ご存知でしたか?

出典: 飛び込み訪問で使える営業トーク(コピー機の営業編) - テレアポ ...

 このように、一度断られたあとでも質問を続けることによって会話を続けることができます。営業には、相手に考慮させる時間を与えることが重要なので是非試してみましょう。

謝ることからスタートする

○「ご多用中すみません」

○「お呼び立てしてどうも申し訳ありません」


 このように、まず相手の時間を割いたことに対して謝る内容の会話からスタートさせましょう。この方法により、相手に図々しいと思われることはなくなります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する