1. 会社訪問時の手土産に関する正しいマナー

会社訪問時の手土産に関する正しいマナー

  • 21007views
  • 0fav

 取引先の企業などに訪問に行く時に、手土産を持っていく場面は多々あるでしょう。


  手土産を選ぶ時、何を買って行けばいいのか迷ったり、渡すときのタイミングがよく分からないなんて人も多いでしょう。ここでは、相手先企業に渡す手土産の正しい選び方と渡し方についてご紹介します。

手土産を選ぶポイント

 値段としては、¥2,000〜¥3,000の間がよいでしょう。高すぎず安すぎず、ちょうどいい値段といえます。


 また、持っていくものとしてはおすすめは個数が多いおせんべいやラスクなどが良く、相手先に包丁などの切り分けられるものが無い場合を想定してはじめから切り分けられているもの、もしくは個別包装のものがふさわしいです。いま話題のすスウィーツなどもウケが良いのでお勧めです。

渡す時のポイント

 手土産を渡すのは、会社に着き部屋に通されたらすぐです。もしも先に名刺交換が始まってしまったら、一旦椅子の上に置いておき、その後に渡すようにしましょう。その際に、紙袋など入っている外袋から出して渡します。外袋は汚れないためのものなので、それを外して中身だけを渡すほうが礼儀も印象も良いです。

 

 また、渡す人も重要です。もし上司と同行した際は必ず上司が渡すようにしましょう。会社の代表という形で訪問しているので、目上の人を立てるような行動も必要です。


 この一連の流れをきちんとすることによって、相手の企業に与える印象も格段に良くなります。当たり前のことを当たり前にできるように、気を付けていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する