1. 営業の印象を損なわないお礼メールのタイトルの作り方

営業の印象を損なわないお礼メールのタイトルの作り方


 お礼のメールを送ることも、営業の一部です。継続して商品購入などをしてもらうためにはやはりお礼のメールにも力を注ぐ必要があるでしょう。そこで、最初の印象を損なわないためのお礼メールのタイトルの作り方を紹介していきたいと思います。

主な種類は2つだけ

 お礼メールの外さないタイトルはたった2種類しかありません。

本日は○○のご購入(ご注文)ありがとうございました。

 お礼の文を最初に書いてしまう方法です。印象を損なうことはありませんし、具体的なのでわかりやすさという意味でも使い勝手が良さそうです。

「○○」のお礼

 タイトルで内容を明示する方法です。丁寧な形にこだわりたいときに使用するのが良いと思います。

シンプル過ぎるのは禁物

 タイトルはシンプルな方が良い、と思う人もいるかもしれませんがそれは危険です。例えば、「ありがとうございました。」などで終わらせてしまうと、迷惑メールだと思われてしまう可能性があります。相手にある程度の内容がわかるように件名を作成することは念頭に置いておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する