1. 【アポ取りに悩む営業マンへ!】メールでの効果的なアポの取り方

【アポ取りに悩む営業マンへ!】メールでの効果的なアポの取り方


 最初のアポのメールが、営業の成功を左右させるといっても過言ではありません。
たとえ顔の見えないメールでも第一印象を良くすることは、その後の仕事に大きく影響します。
忙しいビジネスマンだからこそ、1通のメールで相手の印象や情報がどれだけわかるかが大切になります。
どのような営業メールが相手に好感を持って頂けて、仕事に繋げることができるのかは、きっと多くのビジネスマンが悩んだのではないでしょうか。
そこで、営業メールでの効果的なアポの取り方をご紹介致します。

1. アポの目的を簡潔に伝える

 まず件名で、アポの目的や内容がイメージできることが大切です。
『ご訪問について』だと、何の話か一目ではイメージできません。
『○○のご紹介について』のように、アポの目的が簡単にイメージできる文だとより興味を持って頂けます。


 相手は忙しい時間の合間に、アポのメールを読んでいただくので、初めに要点をわかりやすくまとめるといいでしょう。
本文の初めに書く自己紹介文も、なるべく簡潔にまとめましょう。
あまり自己紹介文を長く書いてしまうと、目的がわかりずらくなってしまいます。

日時等は、予めこちらから提案をしましょう。
相手は忙しい時間の合間にメールを読むことを考えて、なるべく少ない回数でメールが終わるようにしましょう。
提案するときは、相手の都合を考慮して広く設定するといいでしょう。

2. 相手が興味を持てるように、メリットを書く


 営業メールは、アポを取ることで終わりではなく、いかに仕事に繋げられるかが大切です。
そのためにも、相手に取ってメリットになることを具体的に伝えられるといいでしょう。
自分の会社の説明や前置きは短くまとめ、いかにメリットに繋がるのか重点的に表しましょう。
どんなメリットがあるのかイメージがしやすいように情報提供することで、より感心を持って頂けて成功に近づきます。
そのときも、長々と説明するのではなく、なるべく簡潔で具体的に書くといいでしょう。

3. 思いやりや感謝の気持ちを大切にする

 相手に対する感謝の気持ちを文で表現することも大切です。
メールの最後に『お忙しいところ恐縮ですが、宜しくお願い致します』など、相手を配慮した分をいれるといいでしょう。
メールの文も、なるべくコピペに頼りすぎずに心を込めて打つことで、より真剣な気持ちが伝わりやすくなると思います。
相手に何かアクションを起こすときは、まず自分がその立場だったらどう感じるのかイメージするといいでしょう。



 アポの取り方で一番忘れてはならないのは、相手への思いやりの気持ちだと思います。
どんなに優れた仕事内容でも、人柄が冷たかったり自分勝手だったら惹かれることはないと思います。
相手が時間を作ってくださっていることに感謝の気持ちを持つと、その思いは自然と文章にも現れるのではないでしょうか。
相手を思いやる気持ちを持つことが、一番効果的なアポの取り方だと思います。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する