1. 上手に部下とコミュニケーションをとり、仕事の業績をアップさせる方法

上手に部下とコミュニケーションをとり、仕事の業績をアップさせる方法

  • 3821views
  • 0fav

 会社の業績には色々な要素が絡み合っていますが、その中で最も根本にあるのが「社内のコミュニケーション」ではないでしょうか。社内にいる人間同士の関係がぎすぎすしていたら十分な情報共有は取れませんし、業績アップにもつながりづらいです。


 ここでは、上司の方にぜひ実践して欲しい、部下とのコミュニケーションの取り方をご紹介します。

質問の返事は迅速に

 部下にとって一番困るのは、上司にした質問の返答が遅いことです。質問が放置されたままではどうしていいのか分からない上に、それがなども続くとなると次第に不信感の増大にも繋がりかねません。


 今すぐ答えられない質問であるならば、いつまでに答えるという期限とその理由を説明した上で先延ばしするようにしましょう。コミュニケーションと言う面からも良いことですし、部下からの信頼感にも繋がります。

報告しやすい雰囲気を作る

 上司が一番困るのは、部下から重要な相談は上がってくるがその他の細かい部分についてはほとんど話をしてこないということです。部下が自分の判断で報告すべきかどうかを決めている状態は、あまり良いとは言えません。


 その理由としては、多くの場合、怒られたり注意されたりすることに対する恐怖心を抱いているからでしょう。もし仮に上がってきた報告や相談に間違いがあり指摘したとしても、報告をしてきたということに対してはきちんと評価してあげる必要があります。決して、冷たい態度で突き返すといった態度を取ることはやめましょう。


 以上2点に気をつけて実践することにより、気持よく部下とのコミュニケーションが取れるようになり、業績にも良い影響を及ぼすことになるでしょう。まずはやってみることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する