1. 好印象を与える営業のお礼の手紙の出し方

好印象を与える営業のお礼の手紙の出し方


 営業の成功や業績を伸ばしたいという方が行いたいこととして、お礼の手紙を書くということがあります。手紙や出し方に一工夫することで、より効果的で印象の良いお礼の手紙になるでしょう。ここでは、営業のお礼の手紙でより好印象を与えるための出し方を紹介していきます。

早く出して感謝の気持ちを伝える

 営業のお礼の手紙はなるべく早く出すようにしましょう。手紙を出すのがあまりにも遅いと、感謝の気持ちが薄いと感じてしまわれる場合があります。なるべく契約が決まった当日か翌日に書くように心がけましょう。

事前に用意しておくことが必要

 早く出すためには、事前にペンや手紙などを準備しておく必要があります。デスクやカバンの中にレッターセットとペンを常備するなどの工夫があると、素早く手紙を出すことができます。

印象に残りやすく気の利いた手紙を出す

 お礼の手紙は形式ばってしまい、なんとなく他人行儀な文章になってしまいがちです。ありきたりではなく、印象に残りやすい手紙を出すようにしましょう。

絵はがきを利用するとよい

 コメントを考えている時間がないという方や、気の利いたコメントがうまく書けないという方は、絵はがきを利用するといいのではないでしょうか。絵葉書ですと、印象に残りますし、貰った相手に感謝の気持ちが伝わりやすいでしょう。




 ここでは、営業のお礼の手紙を出すときに、より良い印象を与える方法を紹介しました。お礼の手紙は定型文になってしまいがちですが、感謝の気持ちを伝えるような工夫を凝らすことで、相手にうまく気持ちを伝えましょう。お礼の手紙を出していなかったという人、定型文で終わってしまっていたという人はここで紹介した工夫をぜひ取り入れてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する