1. 営業の世間話の鉄板「天気の話題」を利用したトーク術

営業の世間話の鉄板「天気の話題」を利用したトーク術


 営業のトークが苦手だという人は少なくないのではないでしょうか。営業のトークでは、まず相手との距離を縮めることが必要になりますが、そのようなときに役に立つのが、天気の話題です。ここでは、天気の話題で営業を円滑に進める方法について紹介します。

営業で大切な「世間話」をする力

 営業で大切な力として、世間話をする力があります。世間話をすることで、相手との距離を縮めることができ、営業の成功にも近づくことができます。しかし、世間話でのトークの内容は、営業と言っても、様々なタイプの人と接するため、誰もが知っていることであり、当たり障りがないものでなければなりません。

天気は誰もが知っており、世間話の内容として適している

 世間話のネタとして重宝されているのが、天気の話題です。天気の話題であれば、まず知らないと答える人はいませんし、意見の対立なども起こらないでしょう。

天気の話題を世間話にするために必要な方法

会話が広がるような展開に持っていく

 多くの人は、それほど知らない人と天気の話をしてもなかなか続かないでしょう。当たり障りがなく普遍的な天気の話は、たしかに世間話には条件的にマッチしていますが、話題が広がりにくいというウイークポイントがあります。「寒い」「雨だ」のような簡単な話題だけで終わるのは避けましょう。

ためになる話題を持っていくと良い

 話が広がりにくい天気の話題ですが、天候に関するちょっとしたトリビアのようなものを話すと、世間話として成立しやすくなるのではないでしょうか。天候の話題に一工夫するような努力が、天気の話題を世間話に変化させるでしょう。




 ここでは、天気の話題で営業を円滑に進める方法について紹介しました。一見ただの雑談に思えるかもしれませんが、営業では世間話をすることが成功させる上で大事なステップとなりえます。天気の話題を使い、営業先の方との距離を縮める工夫をするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する