1. 部下視点で見る、コミュニケーション不足の原因と改善点

部下視点で見る、コミュニケーション不足の原因と改善点

  • 14938views
  • 0fav

 
 会社内で生まれるトラブルのほとんどの原因は、社員間、特に上司・部下間のコミュニケーション不足と言われています。いくら気をつけてもなかなかうまくいかないのが、コミュニケーションですよね。

 部下にも上司にもそれぞれ言い分はあると思いますが、今回は部下の視点からコミュニケーション不足の原因を調べていきたいと思います。

上司の態度

 ほうれんそうは、仕事をする上で当たり前に守るべきことですが、当たり前のことほど実行するのが難しいもので、なかなか上手くいきません。その全ての原因は「上司の態度」にあるといいます。

 自分たちがいくら報告・連絡・相談をしたとしても期待したリアクションが帰ってこなかったり、悪い場合だと突き返されることもあるそうです。そんなことが積み重なって、部下はほうれんそうを怠るようになりコミュニケーションが不足していくことになります。

言いたいことが言えない

 この原因も結局は上司の態度に帰結するのかもしれませんが、自分の話に興味を持って聞いてくれないということが、部下がコミュニケーションを取りたがらない要因となっています。また、話したことに対するリアクションの薄さや、聞く姿勢が否定的であるということも、話したがらない原因となっています。

 以上2つのポイントを見て、あくまでも部下からの視点ですが、上司が部下とコミュニケーションを取る際に改善すべきポイントが見えてきましたね。少しでも思い当たる節があるのなら、今すぐに改善するよう心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する