1. 常識ある営業マンが履いている靴の色

常識ある営業マンが履いている靴の色

常識ある営業マンが履いている靴の色 1番目の画像

 営業マンは話の巧みさも大切だが、身なりも整える必要がある。営業時の身なりで意識すべきはスーツやカバンだけではない。

 スーツを着こなし、綺麗なカバンを使っていても、靴がぼろぼろではデキる営業マンとは見られない。靴の色にも意識して、足の先まで隙のない営業マンを目指そう。

営業マンが履くべき靴の色は?①黒色の革靴

営業マンの定番なら、黒色の革靴!

常識ある営業マンが履いている靴の色 2番目の画像
出典:zozo.jp

 ビジネスにおいてもっとも定番カラー。黒色の靴は、ダークスーツによく似合うので一足持っていて間違いはないだろう。

 光沢ある黒色なら、営業先の相手にも靴から好印象を持たれることだろう。

営業マンが履くべき靴の色は?②茶色の革靴

オシャレな営業マンの勝負靴なら、茶色のビジネスシューズ!

常識ある営業マンが履いている靴の色 3番目の画像
出典:zozo.jp

 ワンランク上の営業マンを目指すなら茶色の靴を履くことがオススメだ。

 ビジネスシーンで、靴の色が茶色でも問題ないとされている職場ならマイナスイメージを持たれることはないだろう。

 しかし、靴だけ茶色というのは、あまりセンスがいいとはいえない。カバンやベルトと一緒の色にすると統一感が出てオシャレ度もアップするだろう。

 オシャレも楽しみたいという方は、ネイビーやグレーのスーツと合わせるとグッとスタイリッシュになる。


 黒と茶色のどちらもビジネスシーンではよく見かけるが、ただ靴を履けばいいというわけではない。カバンやベルトなど合わせるものの色を考えて靴の色を決めてほしい。

 小物も意識するとセンスよく見られ、デキる営業マンという印象を与えられることだろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する