1. 常識ある営業マンが履いている靴の色

常識ある営業マンが履いている靴の色


 営業マンは、話の上手さも大事ですがいろんな人と接するので身なりもしっかりしていなければなりません。身なりと言ってもスーツやカバンなどだけを意識すれば良いということでもありません。スーツをしっかり着こなし、綺麗なカバンを使っていても靴がダサいと出来る営業マンとは見なされません。靴の色にも意識してデキる営業マンを目指しましょう。

目次
+ 黒色
    + 茶色

      黒色

       ビジネスにおいて最も定番カラーです。黒色の靴は、ダークスーツによく似合うので一足持っていて間違いはないでしょう。

      茶色

       ワンランク上の営業マンを目指すなら茶色の靴を履く事をオススメします。ビジネスシーンと言えば靴の色は黒でなければいけないというわけではありません。しかし靴だけ茶色というのは、あまりセンスがいいとは言えません。カバンやベルトと一緒の色にすると統一感が出てオシャレ度もアップします。オシャレも楽しみたいという方は、ネイビーやグレーのスーツと合わせるとグッとスタイリッシュになります。ビジネスシーンに茶色の靴であれば、マイナスイメージを持たれることはありません。


       どちらもビジネスシーンではよく見かけますが、ただ黒の靴や茶色の靴を履けば良いというわけではなく、カバンやベルトなど合わせるものの色を考えて靴の色を決めましょう。そうすることによってセンスも良く映り、デキる営業マンと見られるでしょう。

      U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
      この記事を報告する