1. プレゼンのときに「えー」と言ってしまう癖を直す方法

プレゼンのときに「えー」と言ってしまう癖を直す方法


 プレゼンをするときに「えー」という言葉を文章の間に挟んでしまう癖のある方が多いのではないでしょうか。このようなクセがある話し方は、説得力が欠けてしまう原因となります。そこで、ここではプレゼンで「えー」と言ってしまう癖を直す方法を紹介したいと思います。

考えているときは話さないという意識を持つ

 「えー」という言葉を発してしまう癖があるのは、プレゼン中には沈黙の時間があってはいけないという思いがあるからではないでしょうか。しかし、沈黙の時間は聞いている人の注意を引く効果もあり、かえってプレゼンが効果的になるメリットもあります。考えているときは話さないという意識を持つことが癖を直すためには必要でしょう。

他のクセを刷り込んで「えー」を打ち消す

 「えー」という言葉まマイナスに聞こえますが、「はい」という言葉に置き換えてみると印象がかなり良くなります。「えー」が癖の人は「はい」に変えるような努力をすると、印象がよくなるでしょう。




 ここでは、プレゼンの発表で「えー」と言ってしまう癖を直す方法について紹介しました。癖を直すには意識を持って行動するか、打ち消す新たな癖をつける必要があるようです。ここで紹介した意識付けや、打ち消しの方法を用いて、「えー」とプレゼンで言わないように変えていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する