1. 圧倒的なわかりやすさで顧客を導く【伝わる営業に必要なストーリー】の作り方

圧倒的なわかりやすさで顧客を導く【伝わる営業に必要なストーリー】の作り方


 営業は相手にどれだけわかりやすく説明できるかが鍵となってきます。しかし、わかりやすいだけでもいけません。そこに面白さが必要なのです。そこで、営業マンの皆さんに意識してもらいたいのが、営業にストーリーを持たせるということです。今回はわかりやすさと伝わりやすさを意識した営業方法を紹介していきたいと思います。

内容だけでなく、背景も説明

 売りたい商品、使って欲しいサービスを説明するにはその内容を語る必要があります。しかし、それだけでは面白みが足りません。

どのようにして作られたのかを語る

 営業トークの中で、売りたい商品がどのように作られたのかを語るのはかなり有効です。そこに、人間関係や努力など、顧客が楽しんで聞けるような物語があればその商品自体にも興味が湧いてくるのです。

顧客と仲良くなる

 ストーリーを組み込んだ営業を行うと、顧客側は「話す義務のないことをわざわざ話してくれた」という意識が生まれ、営業マンに対して親しみを込めた感情を抱いてくれやすくなります。商品の善し悪し以上にそれは大事なことなのかもしれません。

過程の話は伝わりやすさを倍増させる

 政治や経済の話も、歴史を遡りながら勉強をすると知識として入ってきやすくなるものです。その感覚は営業でも同じで、物語を語って聞かせることで、単純な説明だけでは分かり辛かったものも頭にスッと入ってくるのではないでしょうか。メリットは多分にあると思うので、是非ストーリー性のある営業を試してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する