1. 上司との会話を円滑にするたった2つのコツ

上司との会話を円滑にするたった2つのコツ

 上司と会話をする上で悩んでいる人は多くいるのではないかと思います。特に年齢差が大きければ大きいほど円滑に会話をするのは難しくなります。会話が続かない時はよく話題を一生懸命探そうとする人がいますが、まだあまり円滑に会話が進まないのであれば話のネタより大事にすべきことがあります。

1. 心をこめて傾聴する

 「人の話を聞く事は大事だ」とよく言われますが、それだけではなく、しっかり聞いているという姿勢を見せることが大切です。その姿勢を見せる方法を紹介します。傾聴スキルは、「あいうえお」です。

・アイコンタクト
・相づち
・うなずき
・笑顔
・オウム返し

この5つをフルに使って好印象を与えましょう。相手が聞いてくれていると分かれば安心して話をすることが出来、わざわざ話題を振らなくても自分から話す気になるものです。

2. 褒めて喜ばせる

 褒めることが大事なことは言うまでもないと思いますが、褒め方によっては効果のないものとなってしまいます。褒め言葉も傾聴と同じように見ていきましょう。褒めスキルは、「さしすせそ」です。

・さ:「さすが」「最高」
・し:「親切ですね」「信頼してます」
・す:「素敵」「素晴らしい」
・せ:「センスがいい」
・そ:「尊敬します」

以上のような言葉を駆使して上司を喜ばせましょう。ポイントは、男性であれば大きく褒める。女性であれば細かくコンスタントに褒めるを意識しましょう。


 以上たった2つですが、上司との会話を円滑にするためには非常に効果的な方法です。今からでも使える方法なのでぜひ実践してみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する