1. プレゼン初心者がまずやるべき資料の基礎的な作り方とは

プレゼン初心者がまずやるべき資料の基礎的な作り方とは


 プレゼンに関して様々な工夫などが昨今では提案されていますが、そのために初心者が最初に気をつけるべき点を飛ばしてしまうのは危険です。プレゼン慣れしていない人はまず資料の作り方を基礎から学んでいきましょう。

箇条書き機能を使う

 プレゼン初心者はまず、箇条書き機能を使うことから始めてみましょう。箇条書きは万能で、文字数を抑えながら簡潔に説明することを可能にしてくれます。要点を絞ることが簡単になるので、凝った工夫をする前にまずは箇条書きで資料を作ってみましょう。

数字はグラフで表示する

 やってしまいがちな資料作成のミスとして、数字をそのまま載せてしまう、というのがあります。プレゼンにおいてはいかに見やすくするかが重要なのでデータなどが数字で表されている場合はグラフにして貼付けるようにしましょう。

一番伝えたい部分を強調する

 自分のプレゼンを見て、一番伝えたいことが伝わりやすくなっているか確認してみてください。もし、他の文章や表にまぎれてしまっている場合は色や大きさを変えて、目立つように工夫してください。結果的に何が言いたいのかが伝わらなければ意味がないのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する