1. 印象を良くする上司への依頼メールの書き方

印象を良くする上司への依頼メールの書き方

 普段上司にメールを送ることはあっても、依頼メールをすることはあまり多くないのではないでしょうか。上司なので同僚にお願いをするような感覚でメールをするのは厳禁です。ではどのような依頼メールの書き方であれば印象が良く見られるのか紹介していきます。

細やかな気遣い

 まず一言目として「ご多用のところ恐縮ですが」と加えるとさりげない気遣いが出来る部下だと思ってもらえます。「お忙しいところ」という言葉はネガティブな意味に捉えられてしまうので使わないようにしましょう。

依頼の内容をはっきりと伝える

 上司だからと言って直接的に書かないと上司もどうしていいか分かりません。なので内容は詳細に分かりやすく書きます。お金が関わるような返済や振込などが依頼内容として必要な場合その期日もしっかり載せておきましょう。

依頼する時の言い回し

 「〜していただけると幸いです」「〜ですと助かります」といったような言い回しを使いましょう。「お願いします」という言葉は便利ですが、何度も言われるとしつこく感じてしまいます。


 上司に対して依頼メールを送る場合怖じ気づいたりする必要はありませんが、最低限のマナーは守る必要があります。上記のようなことに意識して自然に書けるようになれば上司との信頼感も強まるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する