1. 複数の人にビジネスメールを送るときの宛名の使い分けのマナー

複数の人にビジネスメールを送るときの宛名の使い分けのマナー


 ビジネスメールでは、多くの人が関わるプロジェクトや、部署全体への伝達事項があるときなど、複数の方に送る場合もあるでしょう。いちいちメールの内容をコピーせずとも送る方法がありますが、上手く利用しないと思わぬトラブルの原因となります。ここでは、複数の人に送るときのビジネスメールの宛名の使い分けのマナーについて説明したいと思います。

「TO」は返信が欲しいときに利用する

 「TO」や「宛先」という欄に複数のアドレスを入れて利用するのは、返信が欲しいときのビジネスメールに使います。マナーとして、「TO」で送られてきたメールに関しては返信の義務があります。確認の返事が欲しい時や、承認を全員から求めるときなどは、TOを利用するようにしましょう。

「CC」欄の人は返信の義務がない

 「CC」欄は、TOと違って、基本的に返信の義務がありません。そのため、一応確認して欲しいという場合や、上司に確認しつつ後輩への指示を出す場合などに利用するといいでしょう。

相手に宛先が表示されるため、注意が必要

 CCに入っている人の名前やメールアドレスは、他に送信した人にも閲覧可能です。そのため、他社の人と一緒に仕事をしている場合などは、CCは使わないのがマナーとして重要です。

返信すると、CCの人も含まれて送信される

 CCの入ったメールにそのまま返信をすると、CCの人も返信先に含まれるため、個人的なメールをそのまま打ってしまってトラブルとなる場合があるようです。メール内でCCを送った人の名前や宛先にも触れてあげることで、このようなマナー違反は防ぐことができるでしょう。

「BCC」は、他の送信相手には通知されない

 CCでは、宛先が閲覧可能ですが、「BCC」を利用すると、他の発信相手は宛先を見ることが出来ません。そのため、多くの企業を相手にしたプロジェクトのメールなどの相手にアドレスを教えたくない場合に利用すると良いでしょう。



 ここでは、複数の人にビジネスメールを送る場合の宛先の使い分けのマナーを紹介しました。手間が省け、便利な複数送信機能ですが、利用の仕方やシーンを考慮しないとマナー違反になる恐れがあるので気をつける必要があるでしょう。ここで紹介したビジネスメールのマナーを守り、よいコミュニケーションを取れるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する