1. 会社でのプレゼンに失敗しない方法-「やれることはやった」と思ったときに確認すべきこと

会社でのプレゼンに失敗しない方法-「やれることはやった」と思ったときに確認すべきこと



 プレゼン発表の時にはどうしても緊張してしまうものです。会社内での評価に直結することもあるこの一大事、無事に乗り切るためにはどうすればいいのでしょうか?プレゼンを失敗しないためには、やっておきたいことを紹介します。

伝えたいことは伝わっていますか?

 プレゼン資料が完成したら、頭を空っぽにしてもう一度全て読み返してみましょう。それでいまいち伝わりにくいな、と思った点が改善点です。あなたのプレゼンは、事前知識がない人にも伝えたいことが伝わりますか?何か論理にヌケはないですか?客観的な視点で、全ての工程をもう一度見直してみましょう。他の人に一度確認してもらうのも有効な手段ですね。

やれることはやったのなら後は本番を待つだけ

 プレゼンで一番怖いのは、本番の緊張です。しかし、冷静に考え直してみてください。あなたが万端の準備をしているならもう怖がる必要はないのです。後は本番を待つだけです。もし今この瞬間にプレゼンが始まるとしたら、あなたは何が不満ですか?もしきちんとしゃべれるか不安になったのなら、もう一度発表練習をしてください。もし理論武装が足りないと思ったのなら、補足資料を追加してください。


 不安材料が何もないのなら、もう恐れる心配はありません。堂々とプレゼンしている自分の姿が想像できるのなら、きっとそれは実現されるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する