1. プレゼンで使ってはいけない不適切な言葉を使わないための3つの方法

プレゼンで使ってはいけない不適切な言葉を使わないための3つの方法


 プレゼンで使ってしまうと相手の印象が悪くなってしまう不適切な言葉というのがあります。不適切な言葉を使ってしまうことはプレゼンの成功を遠ざけてしまうので避けたいものです。ここでは、不適切な言葉を使わないための方法について紹介したいと思います。

1.プレゼンの出来について触れない

 プレゼンの出来について触れることは、本題と関係ないですし、うまく行かなかった場合の口実と受け取られてしまいかねません。プレゼンに自信があるであるとか、今回は時間がなかったという内容には発表中には触れないようにしましょう。

2.話の間に無駄な言葉をはさまない

 「えーと」であるとか「あのー」という言葉を使うと、相手に自信のなさや準備が不足していると思われてしまうでしょう。呼吸の仕方や、句読点を意識することで無駄な言葉をカットするようにしましょう。

3.言葉を濁さずに言い切る

 「~でしょう」「~と思います」という言い方は、説得力に欠け、はっきり言うことができない事情があるのではないかという疑いを持たれてしまいます。プレゼンでは、自信がなさそうな表現は避け、はっきりと言い切るようにすると説得力が出るでしょう。




 ここでは、プレゼンでの不適切な言葉を取り上げ、それらを言わないための方法について紹介しました。不適切な言葉は、説得力を欠いてしまい、プレゼンだけでなく、会社やあなた自身の評価も落としてしまいます。ここで紹介したことい注意することで、不適切な言葉を使わないプレゼンをするようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する