1. 「お疲れ様です」は正しい挨拶 - 帰宅時に上司にすべき挨拶の仕方

「お疲れ様です」は正しい挨拶 - 帰宅時に上司にすべき挨拶の仕方

  • 54158views
  • 0fav


 普段、上司より早い時間に退社する場合は少なくないと思いますが、その時に皆さんはそんな声を掛けて退社していますか?


 ここで正しい挨拶を学び、実際の場面で困る事のないようにしましょう。

「お疲れ様です」は正しい

 先にも書いた通り、上司に対して「お疲れ様です」と声をかけるとこに対して違和感を感じる人はいませんか?目上の人に対してお疲れ様などというのは、なんだか偉そうな言い方なのではないかと思う人もいるかと思います。


 しかし、辞典で調べてみると、目上の人に対して使う言葉は「お疲れ様です

」が最もふさわしいのだそうです。反対に、「ご苦労様」というのは目上から目下に対して使う言葉なので上司に対して使うのはふさわしくありません。

一言添えるとなお良し

 さて、「お疲れ様です」という言葉が正しいということは分かりました。しかし、退社する際にそれだけでは味気ないし、なんとなく失礼にあたってしまうのではないかという心配があります。


 ですので、その前に一言「お先に失礼します」と添えると良いでしょう。「お疲れ様でした。お先に失礼します。」と言えば、特に失礼に当たることもありません。


 上司より先に帰ることは気がひけることかも知れませんが、丁寧に挨拶をすれば問題ありません。ぜひ役立ててみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する