1. 営業マンが意外とやってしまいがちなスーツの着こなし4つのポイント

営業マンが意外とやってしまいがちなスーツの着こなし4つのポイント


 相手からの印象が大切になる営業マンにとっては、その着こなし方も重要になってきます。今回はやってしまいがちだけど本当は美しくないスーツの着方をまとめました。

1. ジャケットのポケットにモノを入れる

 ジャケットのポケットは取り出しやすいため、ものを入れている営業マンも多いのではないでしょうか。しかし、ジャケットのポケットに何か入れていると形が崩れてしまいます。ハンカチなど薄いものであれば問題ないかもしれませんが、スマホや財布を入れる習慣のある人はやめるようにしましょう。どうしてもという人は、外見に響かない程度に内ポケットに入れるようにすることをおすすめします。

2. ボタンを留めたまま椅子に座る

 スーツのジャケットを着たまま椅子に座る時は、ボタンをすべて外すことが好ましいです。これもポケットにしわがよって外見が崩れてしまうためです。必ずしなければいけないマナーというわけではありませんが、相手により美しく自分を見せるためにボタンを外すのも一つのテクニックです。

3. シャツの袖口をすべて隠してしまう

 シャツの袖口は1~2cmほど見せるのがポイントです。手を下におろした時にシャツの袖口が見えるようにジャケットの袖を調整することをおすすめします。しかし見え過ぎもよくありません。アームバンドなども活用して一番すっきり見せられるようにしましょう。

4. ネクタイが長い

 ネクタイを結ぶ時には、大剣先(ネクタイの太い方の先)がベルトにかかるぐらいの位置にするとVゾーンが最も美しく見えます。長過ぎてもだらしなく見えてしまうため、自分で何度も結んで感覚を掴むようにするといいでしょう。

最後に

 いかがでしょうか。少し見落としがちなスーツの着方をまとめてみました。自分の着こなしが美しいものかどうか鏡で一度チェックしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する