1. 名指し人が会社に不在のときの理想的な電話対応とマナーとは

名指し人が会社に不在のときの理想的な電話対応とマナーとは


 ビジネスマナーとして電話対応というのは是非覚えておきたいもののひとつです。事務でなくても電話対応をしなければならないことは少なくありません。そんなとき、相手を不快にさせない正しいマナーを知っておくことは会社全体のイメージにも関わってくるのでしっかり勉強しておきましょう。

名指し人の状況を伝える

 名指し人が不在の場合、なぜ不在なのか、現在何をしているのかをわかる範囲で伝えることが必要です。それによって、相手が次にいつ折り返せばいいのかなどの判断ができるからです。決して不在という事実だけを伝えることだけはやめましょう。

相手の要望を聞く

 ありがちなミスに、伝えておきます、といって勝手に完結させてしまうことがあります。理想的なマナーとしてとるべき行動は、どのようにしてほしいのか相手の要望をしっかり聞いておくことです。もしかすると、内密にアポをとりたい用件かもしれないので決してこちら側から判断するのは危険です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する