1. プレゼンのスライドの終わりを上手く締めくくる方法

プレゼンのスライドの終わりを上手く締めくくる方法


 プレゼンのスライドの作り方ではよく中身の部分がクローズアップされますが、プレゼンの終わりの部分も中身と同じぐらい重要であると言っていいのではないでしょうか。ここでは、プレゼンのスライドの終わりにはどのような内容を書けばいいのか説明したいと思います。

まとめのスライドを用意する

 まず、まとめのスライドが入っていないという方は、まとめのスライドを作成しましょう。プレゼンでは様々な内容について触れていくので、冒頭部分に話した重要な内容も聞き手にとっては印象が薄いものだと感じてしまう恐れがあります。プレゼンの要約を3つから5つぐらいの短いフレーズにまとめて、最後にもう一度リマインドするようにすると良いでしょう。

連絡先や名前などを記入したスライドを作る

 プレゼンの終わりを締めくくる最後のスライドには、自分の名前と連絡先が記入されたスライドがあると最後が綺麗にまとまり、洗練された印象のプレゼンができるのではないでしょうか。気になった説明を詳しく聞いてみたいと思った方が詳細を効くために連絡する際の手助けになるでしょう。




 ここでは、プレゼンの終わりのスライドに載せたい内容について説明しました。よく黒い背景のスライドにしている方も多いと思いますが、まとめのスライドや連絡先のスライドにしておくことでプレゼン全体がわかりやすくなるでしょう。終わりのスライドを工夫することで、聞き手への配慮が行き届いたプレゼンを目指しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する